読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武田 邦彦『偽善エコロジー』

自分が本を出すなら、その本にはかならず「独自のデータ」と「独自の解釈」がなければ出版の意味はなく、著作権というもの自体もあやしくなります。