読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古屋 奎二 『故宮博物院物語』

とりあえず、材木と箱の間に大きな石をはさんだが、これは名案だった。白アリは石の表面を伝うときに、泥と木くずを固めて通り道をつくる。一目でわかるのでそれを退治すればいいわけである。

故宮博物院物語
故宮博物院物語
posted with amazlet at 15.12.27
古屋 奎二
二玄社
売り上げランキング: 525,679