岩井志摩子『オバサンだってセックスしたい』

自分が属している世界への、ゆるやかな愛と、どこか悲しみのある安心感。