読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋世織 『映画と写真は都市をどう描いたか』

板ガラス、それも比較的大きなサイズのものの製造が可能となるにつれ、ガラスが19世紀都市の新しい空間に、あちこちで次第に大量に使われるようになりました。その結果、近代都市は、<光>をそれまで以上に取り込み、感じるようになったのです。都市生活を営む人々が<光>を経験する度合いも大きくなり、<光>に対する感受性のあり方自体が、従来とは比べ物にならないくらいかわっていきました。

映画と写真は都市をどう描いたか (ウェッジ選書)
高橋 世織
ウェッジ
売り上げランキング: 475,531