オノ・ヨーコ『ただの私』

1日4時間働けば、食べていける社会になるのも遅くはないだろう。