読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰 の検索結果:

『油屋さんが書いた食用油の本』

ある時大阪の油屋さんで壁の塗り替えをしていたところ、間違って油の中に石灰の粉が入ってしまいました。ところが翌日のこと、なんと油の上澄みがきれいになっているではありませんか。油屋さんが書いた食用油の本 (HANDS BOOK)posted with amazlet at 15.12.27浜島 守男 太田 昌男 三水社 売り上げランキング: 1,037,084Amazon.co.jpで詳細を見る

R.J. フォーブス『古代の技術史〈中〉土木・鉱業』

15世紀までは、塩は泥炭を焼いて灰にして作られた。古代の技術史〈中〉土木・鉱業posted with amazlet at 15.12.27R.J. フォーブス 朝倉書店 売り上げランキング: 1,893,671Amazon.co.jpで詳細を見る

楼 慶西『中国歴史建築案内』

ヤオトンの外観は、雨水による侵食から守るため、磚や石を用いて壁がつくられ、同時に白い石灰を塗って室内を明るく清潔にする工夫が見られる。 中国歴史建築案内posted with amazlet at 14.03.05楼 慶西 TOTO出版 売り上げランキング: 254,287Amazon.co.jpで詳細を見る

四手井 綱英『森林Ⅰ』

アカマツでは有名マツのほとんどが、火山灰地に生育している。森林 (1) (ものと人間の文化史 (53-1))posted with amazlet at 13.12.28四手井 綱英 法政大学出版局 売り上げランキング: 1,294,938Amazon.co.jpで詳細を見る

馬場 明生『塗り壁と建築』

消石灰が炭酸カルシウムになるということは、その原材料である石灰石に戻ることを意味し、石のような硬い、耐水性をもある程度期待できるものになるということである。塗り壁と建築 (技術シリーズ)posted with amazlet at 13.11.27馬場 明生 朝倉書店 売り上げランキング: 1,589,019Amazon.co.jpで詳細を見る

E.J.ラッセル『土壌の世界』

…元反応や降雨による石灰の流ぼう;後者は酸性化を起こす――によって生成されることもあるが、こうした変化は例外的にしか起こらず、土壌のpH変化に 対する緩衝能も非常に高い。このように土壌には、空気、水、養分、温和な温度、エネルギーの供給源、著しく有害な因子の欠如など生命に必要なすべての条件 が存在している。そこに欠如している環境因子は日光だけである。生命は可能な所であればどこにでも発生するという一般的原則にしたがって、土壌中にも土壌 条件に適応した、そして日光の欠如によって生命活…

水上勉『土を喰う日々』

…、やってみせた渋柿の灰焼きがある。渋柿というのは若狭などでは大四郎柿とよんだ、先のとんがったヤツだが、これは熟柿になるのを待たないと喰えないのを、少し固いくらいのを、和紙か銀紙につつんで焚火の中へくぐりこませておくのだった。頃あいをみてとり出して、やはり何かの枝の先で刺して、よく焼けていそうだったら、これを皿にのせる。そうして、あらかじめ用意しておいたはったい粉(これも若狭や京都のよび名だが、信州あたりではどういうのか、煎ってひいた大麦の粉のことだ)を小鉢に入れ、熱く焼きあが…

中島 誠之助『体験的骨董用語録』

本当の茶人は火事の時灰を持って逃げると云う。体験的骨董用語録 (1982年)posted with amazlet at 13.11.29中島 誠之助 里文出版 売り上げランキング: 1,359,173Amazon.co.jpで詳細を見る