読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨 の検索結果:

楼 慶西『中国歴史建築案内』

ヤオトンの外観は、雨水による侵食から守るため、磚や石を用いて壁がつくられ、同時に白い石灰を塗って室内を明るく清潔にする工夫が見られる。 中国歴史建築案内posted with amazlet at 14.03.05楼 慶西 TOTO出版 売り上げランキング: 254,287Amazon.co.jpで詳細を見る

『建築・土木のしくみと技術』

古者は民、澤處し、復穴し、冬日は則ち、霜雪霧露に勝えず、夏日は則ち暑熱蚊虻に勝えず、聖人及ち作り、之が為に土を築き木を構へて、以て室屋と為し、棟を上にし、宇を下にして、以て風雨を蔽ひ、以て寒暑を避けしめ、而して百姓之を安んず(「氾論訓」『淮南子』)基礎からわかる[最新]建築・土木のしくみと技術posted with amazlet at 14.02.07井上 国博 ナツメ社 売り上げランキング: 97,213Amazon.co.jpで詳細を見る

安藤 邦広 『職人が語る「木の技」 』

笹という身近な材料で屋根を葺き、雨露を凌げ、なんといっても軽い笹の葉がさわさわと風に揺れて風情があるところでしょうか。(加藤堅一)職人が語る「木の技」 (建築ライブラリー)posted with amazlet at 14.02.08安藤 邦広 建築資料研究社 売り上げランキング: 415,787Amazon.co.jpで詳細を見る

堺屋 太一『歴史からの発想』

加藤清正らが壁土を食い雨水に渇きをいたしたという蔚山の籠城も十二日間で終わっている。歴史からの発想―停滞と拘束からいかに脱するか (日経ビジネス人文庫)posted with amazlet at 13.12.11堺屋 太一 日本経済新聞社 売り上げランキング: 272,692Amazon.co.jpで詳細を見る

E.J.ラッセル『土壌の世界』

…たってひろがって行く雨水で更新される。土壌の固体部分は無機物と有機物の混合物であり、両者とも養分元素を含むが、有機物はまたエネ ルギー源をも含んでいる。すなわち、土壌の固体部分は無機や有機の物質からなるゼリーで覆われた粒子である。 土壌中の温度は大気中に比べて年間 の変動が小さく、冬に下がらず、また夏に上らず、ごく表面を除けば土壌はかなりの温度変化から守られている。有害物質が土壌中の化学変化――酸素欠乏下で の還元反応や降雨による石灰の流ぼう;後者は酸性化を起こす――によって…