日 の検索結果:

『幻想のバイオマスエネルギー』

再生可能な資源である森林バイオマス(木材)は、エネルギー利用する以前に、文明社会を支えるマテリアル(材料)として優先利用さえれるべきである。幻想のバイオマスエネルギー―科学技術の視点から森林バイオマス利用の在り方を探る (B&Tブックス)posted with amazlet at 16.09.23久保田 宏 松田 智 日刊工業新聞社 売り上げランキング: 430,832Amazon.co.jpで詳細を見る

前 真之 『エコハウスのウソ 増補改訂版』

熱は集めるのはラクだし、ためるのも簡単。エコハウスのウソ 増補改訂版posted with amazlet at 16.09.23前 真之 日経BP社 売り上げランキング: 15,293Amazon.co.jpで詳細を見る

井熊 均『グリーン・ニューディールで始まるインフラ大転換』

グリッドパリティとは、太陽光発電のコストが、系統電力の料金と価格的に競争できることを意味する。グリーン・ニューディールで始まるインフラ大転換 (B&Tブックス)posted with amazlet at 16.09.23井熊 均 日刊工業新聞社 売り上げランキング: 1,206,405Amazon.co.jpで詳細を見る

『エネルギー基本計画 2014』

現在、原子力発電の停止文の発電電力量を火力発電の焚き増しにより代替していると推計すろと、2013年度に海外に流出する輸入燃料費は、東日本大震災前並にベースロード電源として原子力を利用した場合と比べ、約3.6兆円増加すると試算される。 エネルギー基本計画 2014posted with amazlet at 16.09.07経済産業調査会 売り上げランキング: 696,581Amazon.co.jpで詳細を見る

レスター・R.ブラウン 枝廣 淳子 『世界と日本のエネルギー大転換』

太陽光発電をどこよりも多く導入している九州電力では、すでに1日の電力量に占める再生可能エネルギーの割合は10数%から、多い日では30%を超えています。データでわかる 世界と日本のエネルギー大転換 (岩波ブックレット)posted with amazlet at 16.09.07レスター・R.ブラウン 枝廣 淳子 岩波書店 売り上げランキング: 69,003Amazon.co.jpで詳細を見る

山﨑 耕造 『トコトンやさしいエネルギーの本』

この「エネルゲイア」は、仕事を意味する”ergon”に接頭語の”en”が付いて「仕事をしている状態」を示しています。トコトンやさしいエネルギーの本(第2販) (今日からモノ知りシリーズ)posted with amazlet at 16.09.07山﨑 耕造 日刊工業新聞社 売り上げランキング: 376,191Amazon.co.jpで詳細を見る

『「建築学」の教科書』

長屋とは、いわば必要から導き出された、都市住宅の原形ともいうべき住居形式である。それは、住まいに必要な日照、通風、緑などが最小限に抑えられても、それでも都市に集まって住みたいという、人々の意思から生まれたものだ。(安藤忠雄)「建築学」の教科書posted with amazlet at 16.08.03安藤 忠雄 木下 直之 水津 牧子 石山 修武 佐々木 睦朗 彰国社 売り上げランキング: 116,538Amazon.co.jpで詳細を見る

高橋 敬一『昆虫にとってコンビニとは何か?』

新しく使われるようになった建材の匂いに誘引されるのか、本来は食品害虫であるはずのコクヌストモドキが新築の家に多数集まる事態も生じてきている。昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)posted with amazlet at 16.06.08高橋 敬一 朝日新聞社 売り上げランキング: 607,160Amazon.co.jpで詳細を見る

小玉 祐一郎『住まいの中の自然』

さて、カッとしやすいが熱が冷めるのも早いのが日本人の特徴といわれますが、日本の伝統的な住宅も同様な傾向を持っています。住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめposted with amazlet at 16.06.08小玉 祐一郎 丸善 売り上げランキング: 291,396Amazon.co.jpで詳細を見る

今和次郎『日本の民家』

…ればならない事は随分みじめである。しかし彼らこそ大きな野の上に孤立して極度の単純生活を堂々と営んでいるんだと思うと、またたまらなく羨ましく感じられて来る。彼らこそはっきりと祖先から何も与えられない裸のままで自分たちの生活を築きにかかり、防備の工作をその家に漸次に盛って行きつつあるんだと言っていいのだ。日本の民家 (岩波文庫)posted with amazlet at 16.06.03今 和次郎 岩波書店 売り上げランキング: 15,097Amazon.co.jpで詳細を見る

『カビの科学』

旧約聖書のレビ記には、住宅におけるカビの発生とその対策に関する記述があります。カビの科学 (おもしろサイエンス)posted with amazlet at 16.03.12李 憲俊 日刊工業新聞社 売り上げランキング: 222,809Amazon.co.jpで詳細を見る

Mac安田『外断熱住宅はここが凄い!』

外張り断熱だから壁の中は空洞になり、そこに暖かい空気を循環させることができる。外断熱住宅はここが凄い!―家の中にハワイの気候を実現しよう。posted with amazlet at 16.03.12Mac安田 日刊工業新聞社 売り上げランキング: 719,685Amazon.co.jpで詳細を見る

『今日も森にいます。東京チェンソーズ』

地下足袋を履く仕事をしたい! 若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズposted with amazlet at 16.02.19青木亮輔 徳間書店取材班 徳間書店 売り上げランキング: 56,050Amazon.co.jpで詳細を見る

『日本酒の基礎知識』

酒税が税収入のトップとなった1899年(明治32年)、政府は、さらなる酒税徴収を目指し、家庭での酒造りを禁止する。日本酒の基礎知識―知りたいことが初歩から学べるハンドブックposted with amazlet at 16.02.12新星出版社 売り上げランキング: 76,732Amazon.co.jpで詳細を見る

『失敗しない ピザ窯作りの基本』

「炉の天井が白くなったらOK」失敗しない ピザ窯作りの基本posted with amazlet at 15.12.27石窯・ピザ窯作り研究会 日東書院本社 売り上げランキング: 43,300Amazon.co.jpで詳細を見る

網野 善彦『日本とは何か 日本の歴史〈00〉』

焼物の窯の耐用年数が短く、財産にならないのに対し、炭釜はかなり長期にわたって同じ場所に造成され、相論や譲与の対象になる日本とは何か 日本の歴史〈00〉posted with amazlet at 15.12.27網野 善彦 講談社 売り上げランキング: 41,513Amazon.co.jpで詳細を見る

『日本農書全集 第50巻 農産加工1 製油録・甘蔗大成・製葛録・唐方渡俵物諸色大略絵図(松前)』

夜の暗闇に明かりをともすことは人間の生産や生活のあり方に大きな変化をもたらすことになる。すなわち夜間の証明は夜なべ仕事による1日の労働時間の延長を生み出し、他方では夜間に演劇や趣味を楽しんだり、読書に余暇をさくことも可能にする。(佐藤 常雄 )農産加工 (日本農書全集)posted with amazlet at 15.12.27佐藤 常雄 粕渕 宏昭 岡 俊二 田島 佳也 農山漁村文化協会 売り上げランキング: 1,863,986Amazon.co.jpで詳細を見る

『全集日本の食文化 (第5巻) 油脂・調味料・香辛料』

なすびを灯油中で保存する。全集日本の食文化 (第5巻)posted with amazlet at 15.12.27芳賀登 石川寛子 雄山閣出版 売り上げランキング: 856,994Amazon.co.jpで詳細を見る

『油屋さんが書いた食用油の本』

ある時大阪の油屋さんで壁の塗り替えをしていたところ、間違って油の中に石灰の粉が入ってしまいました。ところが翌日のこと、なんと油の上澄みがきれいになっているではありませんか。油屋さんが書いた食用油の本 (HANDS BOOK)posted with amazlet at 15.12.27浜島 守男 太田 昌男 三水社 売り上げランキング: 1,037,084Amazon.co.jpで詳細を見る

ビートたけし『たけしの20世紀日本史』

終戦の後、日本人はもう腹いっぱい食うこと以外、何も考えてなかったんじゃないかな。たけしの20世紀日本史 (新潮文庫)posted with amazlet at 15.12.22ビートたけし 新潮社 売り上げランキング: 721,724Amazon.co.jpで詳細を見る

日高敏隆『ぼくの生物学講義』

そういう遺伝子をみんな混ぜ合わせてもっているやつが、いろいろなことが起こった時に強いだろうと。ぼくの生物学講義―人間を知る手がかりposted with amazlet at 15.01.15日高 敏隆 昭和堂 売り上げランキング: 376,002Amazon.co.jpで詳細を見る

酒井 亨 『台湾入門』

なぜ名だたる経済人が原発廃止を主張するかというと、台湾電力会社という国営企業による独占体制に問題があるからである。台湾入門posted with amazlet at 14.03.15酒井 亨 日中出版 売り上げランキング: 695,961Amazon.co.jpで詳細を見る

隈 研吾 『対談集 つなぐ建築』

日本家屋のインテリアは、前もってプランを設定するというより、だんだん部屋を体に合わせていく。はじめから振るまいのフレキシビリティを許している。(佐々木正人) 対談集 つなぐ建築posted with amazlet at 14.03.05隈 研吾 岩波書店 売り上げランキング: 509,842Amazon.co.jpで詳細を見る

『ライフハッカー』

GoogleやAppleといったそうそうたる企業のスライドを作っているデザイン会社「Duarte Design」 ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本posted with amazlet at 14.03.05ライフハッカー[日本版]編集部 朝日新聞出版 売り上げランキング: 187,394Amazon.co.jpで詳細を見る

荒川 洋治 『黙読の山』

Mさんの家は、道の向こう側の丘。谷間をはさんだ向こう側なので、遠い。Mさんの家に向かう母の姿は、いったん消える。しばらくして、向こう側にあらわれるのを子供のぼくは窓から見ていた。一日のなかに一度だけあらわれる、楽しいものでも見るように見ていた。 黙読の山posted with amazlet at 14.03.05荒川 洋治 みすず書房 売り上げランキング: 520,482Amazon.co.jpで詳細を見る

磯崎 新 『日本建築遺産12選―語りなおし日本建築史』

「やつす」とは消えて行くことですから、「構築」とは反対の感覚であるとも言えますね。 日本建築遺産12選―語りなおし日本建築史 (とんぼの本)posted with amazlet at 14.03.05磯崎 新 新潮社 売り上げランキング: 261,722Amazon.co.jpで詳細を見る

磯崎 新 『建築における「日本的なもの」』

…土寺浄土堂の建物を今日風に記述すると次のようになる。 六メートル間隔で円柱がグリッド状に十六本配され、平面は正確に正方形である。中央にある四本の柱が四天柱と呼ばれ、内陣となり、この中心に円形の台座が おかれ、約五メートルの阿弥陀仏の彫像が立ち、二本の脇侍仏が両側にひかえる。内部は木板の床が張られ、彫像以外にまったく装飾物はない。構造体が露出 し、天井による空間の分節はなされていない。 正方形平面にピラミッド状(宝形寄棟)に屋根がのせられ、本瓦で葺かれている。背面をのぞいて、三…

『クレーの日記』

926o 四月十六日木曜日。朝早く、町の外で描く。やや散乱した光は、穏やかであり ながら澄んでいる。霧はない。それから町の中でスケッチした。頭の悪いガイドに笑ってしまう。アウグストがドイツ語を教えてやったのだが、とんでもない言 葉ばかりだ。午後になってモスクに案内してくれた。日の光が射し込む、そのすばらしさ! 少しロバに乗る。 夕刻に、街路を行く。絵を飾ったカフェ。美しい水彩画だ。私たちは買いあさる。一匹のねずみをめぐって通りで繰り広げられる一幕。ついにねずみは靴で叩き殺され…

マルク・レビンソン『コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった』

コンテナはいまなお大型化が進んでいる。 コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だったposted with amazlet at 14.03.05マルク・レビンソン 日経BP社 売り上げランキング: 32,879Amazon.co.jpで詳細を見る

五十嵐 太郎『現代日本建築家列伝』

まるで石上が神となり、世界を再創造するかのようなプロジェクトなのだ。現代日本建築家列伝---社会といかに関わってきたか (河出ブックス)posted with amazlet at 14.02.21五十嵐 太郎 河出書房新社 売り上げランキング: 84,631Amazon.co.jpで詳細を見る