火 の検索結果:

『エネルギー基本計画 2014』

現在、原子力発電の停止文の発電電力量を火力発電の焚き増しにより代替していると推計すろと、2013年度に海外に流出する輸入燃料費は、東日本大震災前並にベースロード電源として原子力を利用した場合と比べ、約3.6兆円増加すると試算される。 エネルギー基本計画 2014posted with amazlet at 16.09.07経済産業調査会 売り上げランキング: 696,581Amazon.co.jpで詳細を見る

吉村順三『火と水と木の詩』

アラブの建築なんてものはプランばかりでなくて、立面も全部グリッドで解決している訳です。火と水と木の詩―私はなぜ建築家になったかposted with amazlet at 16.06.03吉村 順三 新潮社 売り上げランキング: 274,704Amazon.co.jpで詳細を見る

スティーヴン・J. パイン『図説火と人間の歴史』

ヴァンノッチョ・ビリングッチョは、ルネサンス期にあった民間の知識をまとめて『ピロテクニア』(1540年)を著し、大部分の技術はパイロテクロノジーだ、なぜなら技術は「火の作用と有用性に依存している」からだと述べている。図説火と人間の歴史 (シリーズ人と自然と地球)posted with amazlet at 16.03.13スティーヴン・J. パイン 原書房 売り上げランキング: 1,134,475Amazon.co.jpで詳細を見る

服部 文祥『ツンドラ・サバイバル』

細めの薪をかまくらのように組んだなかに、ナイフで鳥の羽根状に切れ目を入れた焚き付けを入れてマッチで火をつける。ツンドラ・サバイバルposted with amazlet at 16.03.12服部 文祥 みすず書房 売り上げランキング: 114,064Amazon.co.jpで詳細を見る

篠原一男『住宅論』

冬の高山は抱えるような丸太をいろりにくべても、火のあたらない背中は凍りつくように寒いという。 住宅論 (SD選書 49)posted with amazlet at 15.06.17篠原 一男 鹿島出版会 売り上げランキング: 169,806Amazon.co.jpで詳細を見る

芦原義信『続・街並みの美学』

たしかに焚火は人生の歓びであることにはちがいない。続・街並みの美学 (岩波現代文庫)posted with amazlet at 15.01.15芦原 義信 岩波書店 売り上げランキング: 154,780Amazon.co.jpで詳細を見る

『バーベキューテクニックの極意! 』

油で揚げたお菓子だから、当然のことながらよく燃える。バーベキューテクニックの極意! ― 火おこし、焼きテク、たれ作り! 完全無欠のマスターブック!posted with amazlet at 14.01.09実業之日本社 売り上げランキング: 313,738Amazon.co.jpで詳細を見る

『昔のくらしの道具事典』

「火おこし上手は家業おこす」昔のくらしの道具事典posted with amazlet at 14.01.09岩崎書店 売り上げランキング: 490,685Amazon.co.jpで詳細を見る

四手井 綱英『森林Ⅰ』

アカマツでは有名マツのほとんどが、火山灰地に生育している。森林 (1) (ものと人間の文化史 (53-1))posted with amazlet at 13.12.28四手井 綱英 法政大学出版局 売り上げランキング: 1,294,938Amazon.co.jpで詳細を見る

有岡 利幸『里山Ⅱ』

竹林の竹は四年生のものの強度が大きかったので、これから伐られた。古くなって使えなくなったものは、風呂などの燃料とされた。火力が強く、よく燃えた。里山〈2〉 (ものと人間の文化史)posted with amazlet at 13.12.28有岡 利幸 法政大学出版局 売り上げランキング: 272,515Amazon.co.jpで詳細を見る

水上勉『土を喰う日々』

この焚火焼きで思い出すことの一つに、やはり和尚さまが、やってみせた渋柿の灰焼きがある。渋柿というのは若狭などでは大四郎柿とよんだ、先のとんがったヤツだが、これは熟柿になるのを待たないと喰えないのを、少し固いくらいのを、和紙か銀紙につつんで焚火の中へくぐりこませておくのだった。頃あいをみてとり出して、やはり何かの枝の先で刺して、よく焼けていそうだったら、これを皿にのせる。そうして、あらかじめ用意しておいたはったい粉(これも若狭や京都のよび名だが、信州あたりではどういうのか、煎っ…

中島 誠之助『体験的骨董用語録』

本当の茶人は火事の時灰を持って逃げると云う。体験的骨董用語録 (1982年)posted with amazlet at 13.11.29中島 誠之助 里文出版 売り上げランキング: 1,359,173Amazon.co.jpで詳細を見る

太田潤『男の焚き火事典』

焚き火好きが高じて近年田舎暮らしをはじめ、 庭に焚き火スペースを設けたが、 田舎に来たら焚き火への欲求が減少してしまった。 男の焚き火事典posted with amazlet at 13.10.23太田 潤 成美堂出版 売り上げランキング: 406,756Amazon.co.jpで詳細を見る

『火のある暮らしのはじめ方』

「実は、それが何℃なのかは、計ったことはないんです。私が手を入れて約10秒我慢できるくらいが、ちょうど良いですね。」(石薪窯パン&ケーキ麦muji) 火のある暮らしのはじめ方―七輪、囲炉裏、ペレットストーブ、ピザ窯などposted with amazlet at 13.10.20農山漁村文化協会 売り上げランキング: 348,248Amazon.co.jpで詳細を見る